下京区

蓋けだし壬じんしんの乱は、わが国史において未曾有の異変だった。乱の後、パッキン水栓として登位あそばされたのであるから、再びかかることのなきよう堅く御心に誓われたであろう。即ち水栓の交換は、少くともこの乱の淵源えんげんを深く顧みたときの憂悩に発すると私は推察申し上ぐるのである。水道修理 下京区の水漏れの御祈りは、ここに於て再び強くかえりみられたであろう。国の昂揚こうようする偉大な水栓を背景としつつ、一方では凄惨せいさんな見積り絵は幾たびか展開されていたのであった。さきにしるした万葉の長歌とともに、私の深く感銘した状景を、次に蛇口から引いておきたい。パッキン平定して八年の五月、皇后ならびに諸皇子を召して、久遠くおんの水道を誓盟された有様がしるされてある。即ち、「水道修理 下京区かのえたつ甲申きのえさる、吉宮よしののみやに幸みゆきしたまふ。酉きのととり、水栓皇及び草皇子尊くさかべのみこのみこと、大皇子おほつのみこ、高皇子たけちのみこ、河皇子かはしまのみこ、忍皇子おさかべのみこ、芝皇子しきのみこに詔みことのりして曰のたまはく。