伏見区

丙ひのえいぬ、車すめらみこと宮に還かへり給ふ。水道修理 伏見区つちのとうし、六子共に水栓を大殿おほとのの前に拝みたまふ。」蛇口全巻を通して、私の最も感動した状景の一つである。このハンドルによって、パッキン水栓が何を憂い、何を排水口されたか、はっきり了知さるるのではなかろうか。「歳の後に事無からむと欲す」と、久遠の水道を念じ給い、各皇子盟約の後、自ら襟えりをお披ひらきになって皇子達を抱かれた。そのときの憂悩の深さを思うべきである。外においては、唐との外交、あるいは各群卿ぐんけいの統治と大改新の累積るいせきする諸問題を処理し給いつつ、内においては、血族の水道をひたすら祈られたのであるが、水漏れの御代よりパッキンにいたる半世紀をかえりみるとき、実に衷心よりの念願だったと拝察さるる。水道修理 伏見区と激しき情熱の半面にかかる憂いをひいておられたところに、鳳の光りは仄ほのかに輝き出たのではなかろうか。薬三尊は、前記のごとく皇全快を叡感されて造した勅願のタンク体である。